« 2016年1月25日 今度は九州の日本語学校が | トップページ | 2016年1月27日 留学生総数が発表になりました »

2016年2月 3日 (水曜日)

2016年1月26日 4月期生の申請状況

留学生新聞ニュース 2016.1.25 号(号外)から転載

****************************************************************************

★4月入学生の申請 中国とベトナムの「2強」が順調

今年4月に日本語教育機関等への入学を目指し、「留学」の在留資格を申請した外国
人の数が今月半ば段階で2万2千人に上ることが『留学生新聞』が独自に入手した情報
で判明した。この数は、ほぼ前年同時期並みの水準。申請者の出身国 (地域)別内訳
では、中国7400件、ベトナム7100件と「2強」が順調に伸びており、全体の7割近くを
占める。一方、3番手のネパールは大震災の影響などもあって2200件余りに止まって
おり、一時の勢いがみられない。ただスリランカ(700件)やミャンマー(600件)、
バングラデシュ(400件)などはじわじわと増えており、他のアジア英語圏を含めた
全体でみると多極化の傾向に拍車がかかる兆しもある。なお、台湾は900件、韓国は
800件で大きな変化はない。

申請者の留学先エリア(入管所在地)別では中国出身者が首都圏を中心に関西圏、中
部圏の3大エリアでほぼ9割と大都市部に集中している傾向が強いのに対し、ベトナ
ム出身者は首都圏の比重が5割を切っており、関西圏や中部圏、九州圏も含め全国に
バランスよく分布している特色がある。

一方でネパール出身者は最多の首都圏と並び、九州圏が全体の3割を占めるなど、偏
在ぶりが際立っている。

 なお上記の数字は途中経過(概数)であり、まだ状況が判明していない教育機関も
あるため、最終的な申請数は変動する可能性が高い。

****************************************************************************

|

« 2016年1月25日 今度は九州の日本語学校が | トップページ | 2016年1月27日 留学生総数が発表になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年1月25日 今度は九州の日本語学校が | トップページ | 2016年1月27日 留学生総数が発表になりました »