« 2011年5月10日(火) 4月期生の最後の一人が来日しました | トップページ | 2011年5月12日(木) 自転車教室を行ないました »

2011年5月11日 (水曜日)

2011年5月11日(水) 卒業生が両親を連れてきた。


2005年4月に、18人の申請で3人交付の厳しいときに入学、2007年3月に卒業、大学に進学した。今年の3月に卒業した学生が、両親を連れて学院に来てくれた。
申請するキッカケは、古い友人の紹介で、それも帰国前夜の午後8時ごろにやっと、学生と両親が来て、面接と試験をしましたので、とても印象に残っています。

両親は、今回の地震・津波・原子力事故で心配して、学生に帰国するように言っていたそうです。学生が、とてもうるさかったと何度も言っていた。
学生からは、習志野に在学中から両親を日本に呼びたいと言い、これまでも何度か申請書類を送っていましたが、実現しなかった。今回は、帰らないから日本に来てと呼びかけたらしい。学生からも、日本は「何でもないから心配しないで…」を信じて着たと…、信じて良かったと。

これまでも、両親が何組か来ていますが、海外で言われている日本の現状の中で来てくれたことは、とてもうれしいです。

110511_002

Bクラスの教室を見学

110511_001

4月期入学の新入生を対象に、ボランティアの原田さんが4月~5月と毎週水曜日の午前中(時には、土曜日)に、課外授業をしてくださっています。
今日は、日本の折り紙で兜を作り・歌、休憩時間は「柏餅」を食べました。
予定した学生で欠席者がいたため、私たちもおすそ分けをいただきました。

110511_003


|

« 2011年5月10日(火) 4月期生の最後の一人が来日しました | トップページ | 2011年5月12日(木) 自転車教室を行ないました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年5月10日(火) 4月期生の最後の一人が来日しました | トップページ | 2011年5月12日(木) 自転車教室を行ないました »