« 2011年5月9日(月) 11日ぶりの授業です。 | トップページ | 2011年5月11日(水) 卒業生が両親を連れてきた。 »

2011年5月10日 (火曜日)

2011年5月10日(火) 4月期生の最後の一人が来日しました

午後に、広州発の飛行機で、4月期入学生の最後の一人が来日した。

成田空港には、先月入国した学生が同行し、切符の買い方や学校までの道順などを説明していました。

110510_001

いつものように、荷物は車で運び、学院に到着後、国の両親に到着を電話で連絡、入学手続き、入寮手続きを行いました。

この学生が習志野外語学院に来るきっかけを作ってくれたのは、伊藤先生です。伊藤先生が日本語を教えていただいたと、親戚の娘が日本留学をするのに、どこか日本語学校を紹介してくださいと連絡がきて、今回が実現しました。
伊藤先生が、心配で学院にて出迎え、手続きが終わった学生と、寮で同室になる学生と一緒に、夕食を食べに行きました。

110510_004

110510_003

日本に最初の一歩、始めて買う切符、始めて自動販売機で買う水、始めて食べる日本の食事、何でも始めて…
彼女には、どんな第一印象なのでしょうか。

これで、在留許可認定書が交付された4月期生の全員が入学したことになります。
よかったです。

--------------------------------------------------------------------------------------

東北地方の留学生、新学期に戻ったのはわずか3割―日本
2011年5月10日(火)11時30分配信 Record China 

2011年5月9日、東日本大震災の影響で一時帰国したり他の地方に避難したりした東北地方の留学生の7割近くが、新学期が始まっても戻っていないことが分かった。華字紙・日本新華僑報が伝えた。

文部科学省が実施した調査によると、4月20日時点で東北地方の各大学に在籍していた留学生のうち、大学周辺または近隣の地域にいることが確認できた人は全体の35.1%にとどまった。文科省は多くの留学生が震災後、一時帰国をしたり他の地方に避難したりしたとみて、引き続き調査を実施するとした。

調査対象は、全国の留学生を受け入れている国公私立大学から所在地や規模を考慮した上で任意に抽出した70大学。留学生は合わせて2万376人だが、学校周辺または近隣の地域にいることが確認されたのは全体の86.6%(1万7643人)だった。一方、東北の9大学に在籍する留学生2316人のうち、確認できたのはわずか814人(31.5%)にとどまった。(翻訳・編集/NN)

----------------------------------------------

3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生した。3月16日に仙台の日本語学校を訪問しました。そのお礼状が届きました。

110510_001_2


110510_002


110510_003_2

学院のある習志野市のボランティアセンターから、お礼状が来ました。

110510_004_2


|

« 2011年5月9日(月) 11日ぶりの授業です。 | トップページ | 2011年5月11日(水) 卒業生が両親を連れてきた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年5月9日(月) 11日ぶりの授業です。 | トップページ | 2011年5月11日(水) 卒業生が両親を連れてきた。 »