« 2010年2月12日(金) 「留学生がなぜ溜学生になるのか」(中国の報道記事) | トップページ | 中国人留学生が来日後自立を学びたくましく成長(中国の報道記事) »

2010年2月13日 (土曜日)

2010年2月13日(土)春節(旧暦の正月)自遊な餃子パーティー

今朝は、チョットゆっくりと9時まで寝ていました。

学校に10時、スリランカ学生が一日間違えて来てくれた。(私が頼んだのは、明日の9時なんだけど)一緒に、倉庫から炊事用具などの搬出、昨日買い込んで置いた食材の確認作業をして、アルバイトに行った。

12時、卒業生のネパール学生(アヌジュ・タパさん)が来てくれた。今年3月に、JTBトラベル学院(以前、学院の方から、一人だけ日本人クラスで勉強していると聞きました)を卒業して、横浜経済大学3年生に編入学が決まったそうです。大学を卒業したら、立教大学大学院に進学をする予定と話をしてくれました。専門学校2年は出席率100%、ロンドンとパリに研修旅行に行ってきたと、楽しい報告です。

100213_p_001

夕方には、卒業生の中国学生(セツさん)が来てくれた。やはり今年3月に専門学校を卒業して、故郷の近く無錫で就職することに決めたと報告してくれた。日本での就職を考えたが、祖国に帰って両親の近くに居たいとの気持ちで決めたらしい。中国で会いましょうと約束した。既に帰国している学生も居るので、年1回の同窓会をしましょうとの話もありました。これで、また楽しみがふえました。

100213_p_026

13時 ベトナムの学生、中国の学生、モンゴルの学生とあつまり、白菜と豚肉、牛肉・ニラとタマゴの三種類の餃子のアンを作りました。

中国の伝統的な包み方、モンゴルの「ボウズ」と呼ばれる蒸し餃子(小ロンポーのような感じ)の包み方と、それぞれのやり方です。

100213_p_002 100213_p_003 100213_p_005 100213_p_007 100213_p_008 100213_p_010 100213_p_011 100213_p_012 100213_p_013 100213_p_014 100213_p_016 100213_p_017 100213_p_018 100213_p_021 100213_p_023 100213_p_023_2 100213_p_004

途中で、アルバイトのために帰る学生、逆に終わって帰って来た学生、途中で故郷に電話をするために抜ける学生、学院の教室を使って毎週土曜日に太極拳を習っている方、いつも学院をボランティアで支えてくれている方、荒川先生とそのご友人夫妻、遠く品川からミャンマー学生を紹介してくれてくれた方、今日はいろいろな方がお見えになりました。

このプログラムは、時間も内容も自分の都合に合わせてすごす「自遊時間」、私はとっても気軽な参加でした。

18時  片づけと清掃が終わった。

私たちは、明日の午前10時~午後1時に行われる大久保連合町会主催の「あったか広場」(習志野郵便局跡地)に、ベトナム料理の「フォーガー」、中国料理で「茶蛋」(茶たまご)と「水餃子」を習志野外語学院の学生たちが、地元の人たちにふるまいます。

私は、子どもたちに「七輪」を使った火起こし体験と世界の遊びを行います。

で、いま茶蛋(タマゴ200個)を煮ています。

|

« 2010年2月12日(金) 「留学生がなぜ溜学生になるのか」(中国の報道記事) | トップページ | 中国人留学生が来日後自立を学びたくましく成長(中国の報道記事) »

コメント

新年快樂。我が校も今日は春節餃子パーティーでした。「自遊な」というのがいいですね。いいですよ、ほんとに。こちら、かなりシステマティックになっていますので。。

投稿: skato | 2010年2月14日 (日曜日) 午前 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年2月12日(金) 「留学生がなぜ溜学生になるのか」(中国の報道記事) | トップページ | 中国人留学生が来日後自立を学びたくましく成長(中国の報道記事) »