« 留学生とトレッキング(案内) | トップページ | この一週間の出来事 »

2007年6月23日 (土曜日)

留学生と子ども達の交流(留学生の地域活動)

今日(6月23日)は、「なんでも探偵団」(船橋市葛飾公民館/主催)の6回の2回目、留学生とバス見学で、房総風土記の丘(千葉県)に行ってきた。
参加者は、バングラディシュ・ベトナム・フィリッピン・中国の学生で、体験型の施設ですので、ローソクづくり、和太鼓体験、ジャガイモ掘り、甲冑体験、イグサのコースーターづくりなどを、行った。

まだまだ、日本語が不自由だが、そこは身振り手振りと、それぞのインストラクター(英語でも指導が出来る方でした)の指導よろしく、楽しみました。主に江戸時代末期の農家や武家屋敷、街角を再現した施設では、一緒に見学をしましたが、女の子は手をつないで放さない子どもや、男の子はまとわりついて離れない子など、結構疲れるようでしたが、そこは若さでした。

行き帰りのバスの中は、守安さん(日本レクリエーション協会公認のレクリエーション・インストラクター)のご指導で、楽しい自己紹介やジャンケンゲーム(ジャンケンは、中国を除いて、今回参加のどこの国も無い)で、紙テープを使った対抗ゲームをしました。

梅雨というのに、晴天の暑い一日でしたが、おじさんには疲れた一日でした。
参加した子どもは元気でしたが、公民館や生涯学習コーディネーターや、付き添いの親御さん、皆さん、とにかくお疲れさまでした。

2007年6月23日

070624_032
Photo_1
070624_001_2
070624_005
070624_010
070624_011
070624_016
070624_017_1
070624_025
070624_026
070624_033_1


|

« 留学生とトレッキング(案内) | トップページ | この一週間の出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 留学生とトレッキング(案内) | トップページ | この一週間の出来事 »